インフラストラクチャ

TerraformとAnsibleを使ってVPSを構築する

インフラストラクチャ

概要この記事はMakuake Advent Calendar 2020の20日目の記事です。 TerraformとAnsibleを組み合わせてVPS上でサーバー構築をしてみたのでその手順をまとめておこうと思います。 動機趣味で開発しているアプリケーションのインフラ環境をIaCで整備したかったので、勉強を兼ねてTerraformを使ってみました。 環境 Terraform v0.14.0 Ansib...

Ansible VPS OpenStack Terraform

docker-compose.ymlで指定した環境変数がコンテナビルド中に参照できない

インフラストラクチャ

概要docker-compose.ymlのserviceの1つにenv_fileを指定し、環境変数を設定したが、サービスがbuildするコンテナ内(Dockerfile側)では参照できなかった。vueのアプリケーションをコンテナ内でnpmを使ってビルドしており、アプリケーション側でprocess.env.VUE_APP_API_ENDPOINTという形でアプリケーションのビルド時に環境変数を参照さ...

Docker Docker Compose

ISUCON環境で学ぶシステムメトリクス入門

インフラストラクチャ

概要 ISUCON環境を利用してシステムメトリクスをちゃんと見れるようなろうという勉強会を定期的に行っているので、そのまとめを残す。 Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本 インフラの設計から構成、監視、チューニングまでを参考図書とし、第5章以降の内容を実際に手を動かして確認するような形で行っている。 環境はConohaでISUCON8のイメージを利用してサーバーを立てている。 プラン:メ...

ISUCON

Kubernetesドキュメントのリーディングーコンセプトのまとめ

インフラストラクチャ

概要Kubernetesを本格的にキャッチアップしていくためにドキュメントを読んだので、オレオレメモを残す。全部は長いのでメモ書きはコンセプトの章だけにする。 kubernetes.io Kubernetesとは何か?cf. Kubernetesとは何か? Kubernetesとは何か? 宣言的な構成管理 自動化の促進 コンテナ化されたワークロードやサービスの管理のためのプラットフォーム 過去を...

Docker コンテナ Kubernetes

Mackerelで監視対象から外れたホストを再度復帰させる方法

インフラストラクチャ

概要Mackerelの監視対象から誤ったホストを退役させてしまったり、意図せず監視対象から外してしまったときなどに復帰させる方法についてメモっておく。 手順mackerel-agentを再起動しても自動で復帰しないのでホストに割り振られたhostIdを更新させる必要がある。 service mackerel-agent stop cd /var/lib/mackerel-agent mv id /...

Mackerel

Dockerizeを使ってDocker Composeのコンテナの起動順を制御する

インフラストラクチャ

概要Dockerizeを使ってDocker Composeで起動するコンテナの順番を制御する方法についての覚え書き。 github.com - jwilder/dockerize なぜDockerizeを使うのかDockerizeではなく、wait-for-it というピュアなbash scriptを使った方法も採用することもできる。 cf. Docker-docs-ja - Compose の起...

Docker Docker Compose Dockerize

dockerでイメージとコンテナを削除してもボリュームが消えていなかったときのメモ

インフラストラクチャ

概要dockerでコンテナとイメージを削除してもvolumeが削除されていなくてちょいちょい忘れてハマるのでメモっておく。 普段は、docker-composeを使っている。 docker-compose builddocker-compose up -d して、 docker rm **docker rmi ** という感じにお片付けしているのだが、どうやらマウントしているvolumeを削除する...

Docker Docker Compose

ubuntu初期設定メモ

インフラストラクチャ

概要ちょいちょい忘れてるのでメモ。不足があれば随時追加。 環境 ConoHa ubuntu 18.04.2 LTS (Bionic Beaver) 準備ubuntuインストール&rootログイン確認conohaでubuntuサーバーを用意し、rootログインできることを確認しておく。 ssh用の鍵をクライアント側で用意する秘密鍵と公開鍵を作成。 ssh-keygen -t rsassh ...

Ubuntu