ホーム

BFFについて

システムアーキテクチャ

概要 BFFについて調べたことをまとめる。 BFFとは Backends For Frontendsの略。Best Friends Forever(ズッ友だよ)ではない。 ‌ 名前の通り、フロントエンドのためのバックエンドサーバーのことで、フロントエンドのためのAPIやHTMLをレスポンスするなどUI・UXのための役割を担っている。 ‌ クライアント(サーバーの呼び出し側)の多様性に応えるのが難し...

BFF

通知基盤構築についてのメモ書き

システムアーキテクチャ

概要 通知基盤の構築に関してざっくりと考えたことや調べたことなどをまとめておく。 通知基盤とは ユーザーに通知(メール・プッシュ・SMS・音声など)を行うためのシステム基盤。 クライアント(通知を依頼するシステム)からリクエストを受けて、送信先・送信内容など通知に関する処理を担うシステム。 通知基盤の設計・実装における観点 考えることが一杯ありそうだと思ったので、思いついた順で雑に書いた。整理でき...

通知

Goのhttp.RoundTripperについて

アプリケーション

概要 Goのhttp.RoundTripperについてかく。 http.RoundTripperとは HTTPクライアントの通信を担っているインターフェース。 cf. pkg.go.dev - net/http#RoundTripper HTTPクライアントにおいてリクエストからレスポンスを受け取るまでの間の処理をカスタマイズすることができる。 HTTPクライアントにおけるミドルウェアというイメー...

Golang

Goでfan-inとfan-outを実装する

アプリケーション

概要 並行処理のパターンであるfan-in、fan-outをGoで実装する。 fan-in/fan-outとは fan-inは、複数の入力を1つにまとめる処理で、fan-outは、1つの入力を複数に分ける処理である。 fan-inはデータを集約させ、fan-outはデータを分散させる。 Goではchannelとgoroutineを使って実現することができる。 実装 ソースコードはgithubにも置...

fan-in fan-out

Template MethodパターンとStarategyパターンについて

アプリケーション

概要 GoFの振る舞いに関するパターンであるTemplate MethodパターンとStrategyパターンについてまとめる。 Template Methodパターンとは 大枠の処理を上位のクラスで決めておき、具体的な処理の流れを下位のクラスに任せる設計パターン。 package main type Game interface { Init() Start() End(...

Strategy Template Method

Go言語による分散サービス

アプリケーション

Go言語による分散サービスを読んだ。 Goでの分散サービスの実践について書かれた本。 マイクロサービス文脈でのモダンな技術、構成の背景や実践についても学べると思う。 ...

Golang

スライディングウィンドウの実装

アルゴリズムとデータ構造

スライディングウィンドウとは 配列のサブアレイを”ウィンドウ(サブセット)”をずらすしていくように探索するアルゴリズム。 ウィンドウサイズは固定または動的。 実例としては、レートリミッターで使われたりする。 実装 ソースコードは以下。 sliding_window 与えられた配列から合計がN以上になるサブアレイを探索する関数。 package main import "fmt&quot...

スライディングウィンドウ

multipassでk3sを動かす

インフラストラクチャ

概要 docker-composeで構成されている個人開発のアプリケーションをKubernetes(k3s)へ移行するという試みの際に、multipassを使ってみたのでそれについてメモを残す。 結局移行はしなかったが... k3sはCNCFに認証されたKubernetesディストリビューション。IoTやエッジコンピューティング用途向け。メモリを節約したい、Kubernetesほどのスケールは不要...

multipass k3s

モノレポについて

アプリケーション

概要 モノレポについてまとめる。 モノレポとは モノレポとは複数プロジェクトのコードを単一のレポジトリで管理したもの。対して複数のレポジトリで管理するものをポリレポ、またはマルチレポと呼ぶ。 マイクロサービスの管理方針の1つではあるものの、マイクロサービスを前提としたものではない。 モノリスとは同義ではない。 モノレポの観点 モノレポの運用における観点を整理してみた。 コードの自治 複数チームで運...

モノレポ