Realizeを使ってgoでホットリロードを実現するメモ

go realize

プログラミング

2019-04-11 15:09:57

概要

github - oxequa/realizeを使ってみたメモ。

準備

go get github.com/oxequa/realize

使い方

./demo/
├── .realize.yaml
└── main.go

.realize.yaml

settings:
  legacy:
    force: false
    interval: 0s
schema:
- name: demo
  path: .
  commands:
    run:
      status: true
  watcher:
    extensions:
    - go
    paths:
    - /
    ignored_paths:
    - .git
    - .realize
    - vendor

main.go

package main

import (
  "fmt"
  "net/http"
)

func handler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
  fmt.Fprint(w, "Hello World")
}

func main() {
  mux := http.NewServeMux()
  mux.HandleFunc("/", handler)

  http.ListenAndServe(":8080", mux)
}

demoディレクトリにて、realize start --serverをすると、監視用サーバーが立ち上がり、ホットリロードができるようになる。

監視サーバー
http://localhost:5002/#/demo
log、error、outputが見れる。

main.goで起動されるサーバー
http://localhost:8080

所感

簡単に導入できて便利なのでほっとリロードはこれ使っていこうかーという気持ち。

About the author

Image

bmf san @bmf_san
A web developer in Japan.