Laravel Homesteadを使ったLaravelの環境構築

laravel vagrant virtualbox composer homestead

プログラミング

2018-04-11 22:15:48

概要

Homesteadを触る機会があったのでざっくりまとめる。

準備

以下のツールは用意しておきましょう。

  • composer
  • vagrant
  • virtualbox
  • ssh key
    • 鍵つくっておいてください

手順

Laravelをインストール

laravelのインストールとcomposer installを実行しましょう。

composer create-project "laravel/laravel=5.5.*" projectname

cd app
composer install

HomeSteadを用意

Vagrant boxを用意します。

vagrant box add laravel/homestead

homesteadを利用するためのリポジトリをクローンし、初期化スクリプトを実行します。

cd ~
git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead
bash init.sh

YAMLファイルで仮想環境の設定を調整します。

vi Homestead.yaml

ip: "192.167.10.99" // edit
memory: 2048
cpus: 1
provider: virtualbox

authorize: ~/.ssh/id_rsa.pub

keys:
    - ~/.ssh/id_rsa

folders:
    - map: ~/localdev/project/laravel // edit
      to: /home/vagrant/code

sites:
    - map: laravel // edit
      to: /home/vagrant/code/public

databases:
    - homestead

# blackfire:
#     - id: foo
#       token: bar
#       client-id: foo
#       client-token: bar

# ports:
#     - send: 50000
#       to: 5000
#     - send: 7777
#       to: 777
#       protocol: udp

次に、ホストファイルを編集します。

vi /etc/hosts

##
# Host Database
#
# localhost is used to configure the loopback interface
# when the system is booting.  Do not change this entry.
##
127.0.0.1       localhost
255.255.255.255 broadcasthost
::1     localhost
192.167.10.99  laravel // edit
192.167.10.99  homestead  # VAGRANT: e78b975204ccde53ef11f1ffe284d4f4 (homestead-7) / b212bb82-8dc8-405b-8507-fa284ddb9aa8

Vagrantを起動

cd ~/Homestead
vagrant up

以下にアクセスするとLaravelのデフォルトのウェルカムページが見れるはずです。

http://laravel

リポジトリ