Golangの関数についてー関数値/コールバック関数/無名関数

golang コールバック関数 関数 無名関数

プログラミング

2018-10-04 15:24:31

概要

Golangの関数において、以下3つについてまとめる。

  • 関数値として扱う場合の関数
  • 関数を引数として扱う関数
  • 無名関数の定義
    • 関数値
    • クロージャー

関数値として扱う場合の関数

package main

import (
  "fmt"
  "testing"
)

func sayHi() string {
  return "Hello"
}

func main() {
  greetA := sayHi()
  greetB := sayHi

  fmt.Println(greetA)
  fmt.Println(greetB())
}

コールバック関数

package main

import "fmt"

// コールバック関数
func add(n int) int {
    return n
}

func sum(v int, r func(int) int) int {
  return r(v)
}

func main() {
  fmt.Println(sum(1, add))
}

関数sumは2つの引数を定義している。

  • 型がintのv
  • 型が、intを引数として定義しており、戻り値がintである関数のr
    • コールバック関数を引数として定義する場合は、引数であっても戻り値を記述する必要がある。

ちなみにmain関数内で実行されているaddにはアドレスが格納されている。

fmt.Println("%v", add) // 0x10936d0

PHPでは可変変数を利用したり、call_user_funcを使ってコールバックを実現していた。

無名関数の定義

関数値

無名関数を関数値として扱う場合の例

package main

import "fmt"

func main() {
  sum := func (n int) int {
    return n + 1
  }

  fmt.Println(sum(1))
}

クロージャー

無名関数としてクロージャーとして定義する場合の例

package main

import "fmt"

func count() func() int {
  var count int
  return func() int {
    count++
    return count
  }
}

func main() {
  countUp := count()
  fmt.Println(countUp()) // 1
  fmt.Println(countUp()) // 2
  fmt.Println(countUp()) // 3
}

クロージャーを使うとスコープ範囲がオープンになるので、countの値をキープできる。

所感

雰囲気でコールバック関数を使っている節があるので、コールバック関数の仕組みを深掘りしたいと思った。