Golangの開発環境を構築

golang

プログラミング

2018-07-01 19:37:24

概要

Goの環境を構築します。

Goの環境構築

Goをインストールする

インストール手段は省略します。私はanyenvというツールでインストールしています。

GOPATHを指定する

.bashrcまたは.bash_profileにGOPATHを指定します。

export GOPATH=$HOME/localdev/project/go_dev // 好きなように設定してください
PATH=$PATH:$GOPATH/bin

Goのディレクトリ構成を確認する

ローカル環境でのディレクトリ構成は公式ドキュメントに従う形で構成していきます。

go_dev/
├── bin
├── pkg
└── src

go_devというGoの開発用ディレクトリを用意し、その中に公式ドキュメントのディレクトリ構成に準拠した役割ごとの3つのディレクトリを用意する形になっています。
binには実行可能なコマンドが、pkgにはパッケージが、srcにはソースがそれぞれ配置されます。
git管理するのはsrc/です。

パッケージをつくってみる

試しにここまでの設定が上手できているかの確認でパッケージを作ってみます。

src/test/を用意し、main.goというファイルを以下の通り作成します。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello, 世界")
}

go build main.goでコンパイルし、バイナリファイルを作成、go installbin/testというバイナリファイルが生成されていればOKです。

Dockerの開発環境構築

About the author

Image

bmf san @bmf_san
A web developer in Japan.