Golangのインターフェース概要

golang

プログラミング

2018-11-15 14:39:15

概要

Golangのインターフェースについてまとめる。

Golangのインターフェースとは

  • 特定のメソッドの型だけを列挙した型
  • インターフェースFooで宣言したメソッドが全て実装されている構造体は、型Fooとして扱うことができる。
  • インタフェースを使うとポリモーフィズムを実現することができる

インターフェースの定義

type <型名> interface {
  <メソッド名(<引数の型>, ...)(<戻り値の型>, ...)
}
// Ex.
type Human interface {
  say() string
}

インターフェースの特徴

インターフェース型の変数

interface型で宣言された変数はどんな型の値でも代入ができる。

var i interface{}

i = 123
i = "Hello World"
i = []int{1, 2, 3} // etc...

インターフェース型の引数

interface型を引数にすると、どんな型の値でも渡すことができる。

package main

import "fmt"

type Human struct {
  Name string
  Age int
}

func printType(i interface{}) {
  fmt.Printf("%T\n", i)
}

func main() {
  h := Human{
    Name: "John",
    Age: 20,
  }

  printType(h) // main.Human
}

型アサーション

型アサーションの構文。

<変数>.(<型>)

使い方は変数2つを取るような形で使う。

s, ok := i.(Human)

変数iがHuman型であった場合は、変数sはHuman型の変数iの実際の値が、変数okにはtrueが格納される。
逆に、変数iがHuman型ではない場合は、変数sにはHuman型のゼロ値が格納される。

package main

import "fmt"

type Human struct {
  Name string
  Age int
}

type Alien struct {
  Name string
  Age int
}

func printOnlyHuman(i interface{}) {
  s, ok := i.(Human)

  if !ok {
    fmt.Printf("%v\n", "Human型ではない")
    fmt.Printf("%v\n", s)
    return
  }

  fmt.Printf("%v\n", "Human型である")
  fmt.Printf("%v\n", s)
}

func main() {
  h := Human{
    Name: "John",
    Age: 20,
  }

  a := Alien {
    Name: "Tom",
    Age: 200000,
  }

  printOnlyHuman(h) // Human型である。{John 20}
  printOnlyHuman(a) // Human型ではない。{ 0}
}

インターフェースの実装例

Golangのインターフェースのポピュラーな使用方法である、「異なる型に共通の性質を付与する」使い方の例。

package main

import "fmt"

type Action interface {
  say()
}

type Human struct {}

type Alien struct {}

func (h *Human) say() {
  fmt.Println("I'm Human")
}

func (a *Alien) say() {
  fmt.Println("I'm Alien")
}

func do(a Action) { // Action型を受け取る
  a.say()
}

func main() {
  ha := []Action{
    &Human{},
    &Alien{},
  }

  for _, v := range ha {
    do(v)
  }
}

参考