Golangでの変数定義・宣言のパターンまとめ

golang

プログラミング

2018-11-13 15:43:42

概要

Golangでの変数定義・宣言のパターンをまとめる

変数の定義・宣言における注意

  • 1文字目が大文字の場合は、他のパッケージからも見える変数
  • 1文字目が小文字の場合は、そのパッケージでしか見えない変数

変数の定義・宣言

Variable declarations

var i int
fmt.Printf("%T", i) // int
var a, b, c string
fmt.Printf("%T", a) // string
fmt.Printf("%T", b) // string
fmt.Printf("%T", c) // string
var s = "Hello World"
fmt.Printf("%T", s) // string
var x, y, z int = 1, 2, 3
fmt.Printf("%T", x) // int
fmt.Printf("%T", y) // int
fmt.Printf("%T", z) // int
var (
   a string
   x int
   y, z = 2, 3
)
fmt.Printf("%T", a) // string
fmt.Printf("%T", x) // int
fmt.Printf("%T", y) // int
fmt.Printf("%T", z) // int
var i, j = 1, 2
fmt.Printf("%T", i) // int
fmt.Printf("%T", j) // int

Short variable declarations

  • 省略形式の変数宣言は関数内でのみ使用可能
i := 1
fmt.Printf("%T", i) // int
i, j := 1, 2
fmt.Printf("%T", i) // int
fmt.Printf("%T", j) // int

参考