PHPerKaigi2019に参加・登壇してきました

php phpカンファレンス PHPerKaigi

ポエム

2019-04-01 12:42:52

PHPerKaigi2019に参加・登壇してきました

PHPerKaigiに初参加&登壇してきました。

fortee - PHPでURLルーティングをつくる
Speaker Deck - PHPでURLルーティングをつくる

過去登壇した会場よりも客席が近い・スライドが大きい!で結構緊張しました...

登壇を終えて

cfpを提出した段階ではまだネタが仕上がっていなくて実装を焦っていました..
採択されてからは本番までそこそこの時間を準備に使っていて、ようやく荷が降りたなぁという気持ちになりました。
充実したトークができたかどうか正直は自信はないのですが、登壇前後で良い声をいくつか頂いていて、自分としては非常に嬉しかったです。
QAとかAsk the speakerは過去ほとんどLTした登壇してこなかった自分としては初めての体験だったのですが、ちゃんとコミュニケーションが取れて良かったです。
QAもAsk the speakerも2~3人の方に声をかけていただけて嬉しかったです。
拙い発表ながらもちゃんと聞いてもらえているということに嬉しさと身が引き締まる思いを感じました。

何度か脳内リハをした際は15分ちょいくらいかかっていたのですが、本番では緊張のせいか走って13分くらいで終ってしまいました。。。
15分というトーク時間に不慣れなのもあって、もっとしっかり準備しておければなぁと反省しました。。。

追記:
forteeにフィードバックが上がっていました。
頂いたフィードバックを見る限り、一番伝えたいと思っていた部分は伝わっていたのかなぁという印象です。
ルーティングのアルゴリズムに関心がある方、その前段階の設計の話に関心持ってくださった方がいらっしゃるようでした。
今回は前段階の話に焦点を当てて話をしていましたが、次回はアルゴリズムの話に焦点を当ててみるのも良いかなぁと思いました。(改めてちゃんと勉強しないと話せない部分ではあるので難しいですが....)

今回ルーティングを自作したのは、世の中の人に使ってもらえるライブラリとして生きるモノではなくて、どちらかという自分の経験や勉強のためという部分が強くて、そのへんは割り切っていました。
もちろん、ライブラリとして使ってもらえるようなモノを作りたいとは思いますが、そのためにはもっと様々なことを沢山キャッチアップする必要があると考えています。
今回、自分の経験や勉強のために取り組んだことが、他の技術や実務面に活かせる部分が多いにあるんじゃなかろうかと思い、PHPerKaigiではCFPを提出させて頂きました。
フィードバックの中に、実装前段階の話が他の設計や実装にも役立つプロセスだと思ったというお話があったのですが、”一番伝えたいと思っていた部分”は実はこの辺の話でした。

フィードバックを頂いた方々、ありがとうございました!

次はPHPカンファレンス福岡にて登壇します!

セッション

一番印象に残ったセッションは、

@uzullaさんの帰ってきた!平成最後のオレオレフレームワークの作り方でした。

トークも内容を面白く、オレオレフレームワークをつくるモチベーションを大変刺激されました。

PHPerKaigiに参加してみて

1Speakerとしても1参加者としてもとてもホスピタリティが高いイベントだと強く感じました。
トーク前はスタッフの方に発表しやすくなるように配慮頂いたり、トーク前後について丁寧に案内していただきました。
会場のスタッフの対応を始め、イベントの進行、会場の設営から色々と気を使っている部分が見受けられて素晴らしいなぁと思いました。
特にドリンクの配置を適宜調整していたのが印象的でした。
あとはノベルティが豪華でした。笑
ペチパーカーは普段使いしやすいデザインで非常に気に入りました!

来年の開催も楽しみにしております。
委員長を始めスタッフの皆様、ありがとうございました!

余談

今年の2月に開催されたLaravel JP Conferenceのスタッフをやっていたのですが、その時メンバーでPHPerKaigiのスタッフをやっていらっしゃる方が何名もいて、国内のPHPカンファレンスは献身的な人によってサポートされているのだなぁと改めて感謝の念を感じました。

About the author

Image

bmf san @bmf_san
A web developer in Japan.