基本情報技術者教科書平成30年度

基本情報技術者

2018-05-06 22:47:19

基本情報技術者教科書平成30年度

  • 第1章:ハードウェア
  • 第2章:ソフトウェア
  • 第3章:コンピュータで扱うデータ
  • 第4章:アルゴリズムとデータ構造
  • 第5章:システム開発
  • 第6章:コンピュータシステム
  • 第7章:ネットワーク
  • 第8章:データベース
  • 第9章:セキュリティ
  • 第10章:マネジメント
  • 第11章:情報化と経営

第1章 ハードウェア

1-2 CPU

p.23

  • CPUの命令実行サイクル
    • 1.命令フェッチ(Fetch)
      • 命令を主記憶から取り出し、CPUのレジスタに取り込む
    • 2.命令の解読(Decode)
      • 命令コードを解読する(デコード)
    • 3.実効アドレス計算(Address Calculation)
      • 命令対象となるオペランドの格納場所を計算して求める
    • 4.オペランド読出し(Read)
      • 主記憶の実効アドレスにアクセスし、オペランドを読み出す
    • 5.命令の実効(Execution)
      • 命令を実行し、必要に応じて結果データを主記憶に書き込む

第3章 コンピューターで扱うデータ

3-7 半加算器と全加算器

p.113

  • 加算器とは
    • コンピューターの足し算はCPU内の加算器という回路によって計算されている
    • 1桁の2進数を足し算する半加算器と2桁以上の2進数を足し算する全加算器の2種類がある

第7章 ネットワーク

7-5 クラスとサブネット

p.267

  • IPアドレス
    • 32ビット
    • 前半をネットワーク部、後半をホスト部という

p.268

  • サブネットマスク
    • IPアドレスをクラス単位のネットワークで運用すると、1つのネットワークに膨大な数のホストを接続することになる
      • 通信速度が遅くなる、管理が大変
    • サブネットマスクという仕組みでネットワークを細分化して管理
    • ネットワーク部とホスト部の境界を表す数値で、ネットワーク部のビットを全て1、ホスト部のビットを全て0にしたもの

p.269

  • ネットワークアドレス
    • ホスト部が全て0のアドレス
    • ネットワーク自体を表すアドレス
  • ブロードキャストアドレス
    • ホスト部が全て1のアドレス
    • 同じネットワーク内の全てのホストに一斉送信するために使われる

第11章 情報化と経営

11-5 効率的なIT投資

p.410

  • ASP(Application Service Provider)
    • インターネットを通じて、利用者にアプリケーションソフトウェアを提供する事業者、またはそのサービスのこと
    • 利用者ごとに個別にサーバやデータベースを用意
  • SaaS(Software as a Service)
    • インターネットを通じて、利用者にソフトウェアの機能を提供するサービス
    • 複数の利用者でそれらを共有するマルチテナント方式
  • BYOD(Bring Your Own Device)
    • 従業員が個人で所有するPCやスマートフォンを業務のために使用すること