ホーム

dotEnvの環境変数をクライアントサイドでも使えるようにする - dotenv-webpack

アプリケーション

dotenv-webpackは.envファイルに用意された環境変数をクライアントサイドでも利用したい時に便利なライブラリです。 導入npm install dotenv-webpack --save-dev webpack.config.jsにpluginとして設定します。 const Dotenv = require('dotenv-webpack'); module.expo...

JavaScript npm webpack

CentOS6.7で[Errno 14] PYCURL ERROR 22 - \"The requested URL returned error: 404 Not Found\"とかいうエラーがでた

インフラストラクチャ

CentOS6.7で[Errno 14] PYCURL ERROR 22 - "The requested URL returned error: 404 Not Found"とかいうエラーがでたzabbixを導入しようと色々試行錯誤していたら以下のようなエラーがでてyumが使えなくなりました。 http://mirror.centos.org/centos/6/SCL/x86...

CentOS os zabbix

cdコマンドでディレクトリをタイピングするのが面倒くさくなってきたのでシェルスクリプトで楽をする

アプリケーション

概要cd hogehogeとかパスやらディレクトリやらタイプするのが面倒になるという怠惰っぷりを発揮してきたので、シェルスクリプトを使って少し楽できるようにしました。 ソース#!/bin/sh # cd by selecting numbers function cdSelect() { dirs=`ls -a` PS3="Select directory &g...

bash shellscript

bitflyerのprivate apiを使ってビットコイン資産状況をslackに通知する

アプリケーション

背景bitflyerが用意しているAPIをちょっと使ってみたかったので資産状況を返すAPIをたたいてみました。 ソースnodejsでAPIをたたきます。レスポンスデータは恥ずかしいので見せません。//// なおソースコードの大部分はドキュメントの例を参考にしています() var request = require('request'); var crypto = require('crypto')...

API bitcoin Node.js bitflyer

bitflyerのprivate apiを使ってビットコイン資産状況をslackに通知する Part2

アプリケーション

前回、bitflyerのAPIを叩くだけ叩いてポイーしてたので、今回はレスポンスデータを整形して資産情報データとしてslackに投げれるようにします。 とりあえずasyncで非同期処理APIを複数叩く必要があったのでasyncを使いました。エラー拾っているところは参考サイト(失念しました)を真似ています。なんだか見通しの悪いコードになってしまいました・・・ var request = requir...

bitflyer API async bitcoin Node.js

AWS(Elasticbeanstalk)のレイテンシーがやたら高いと思ったら・・・

インフラストラクチャ

AWS側の問題でした。 AWS(Elasticbeanstalk)で立ち上げたインスタンス(m4)のモニタリングをしていたら、レイテンシーがやたら高く、1分に一回くらいの頻度でタイムアウトしているユーザーがいるような状況でした。(アベレージは5秒くらいだった・・かな) アプリケーション側にネックがあるのかなぁと思ったのですが、以前テストで立ち上げたインスタンスの環境(ほぼほぼ同じ環境)よりも明らか...

AWS elastic beanstalk

AnsibleでVagrant開発環境(CentOS7.3)を構築する

インフラストラクチャ

概要VagrantのCentOS7.3に開発環境をAnsibleで構築します。 環境 PHP7 Ruby Python Nginx MySQL5.7 Redis Mailcatcher 構築ベストプラクティスをある程度模倣した形のディレクトリです。 ansible/ ├── group_vars │ └── vagrant.yml ├── host ├── roles │ ├── com...

Ansible CentOS vagrant